わ行
■アカキツネガサ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ハラタケ科シロカラカサタケ属Leucoagaricus rubrotinctus.
 一言で表現すると‥純情可憐な容姿。恥ずかしそうに顔をあからめてる娘_なんて、ほんとは毒キノコかも‥その実態はいまだに不明なのである。夏から秋、雑木林、竹林、庭園内に発生する。傘の径5〜8センチ、丸山形から中高の扁平に開く。表面ははじめサンゴ色〜ピンク、赤褐色で中央が黒赤褐色。ビロード状だが傘が開くと表皮がやぶれ、隣片になり散在。ヒダは離生、白色で密。柄は高さ7〜12センチ、根元はふくらみ白色で中空。ツバは白色の膜質で、赤いふちどりがある。さてさて食.毒どっち?