わ行
■クギタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
イグチ科アワタケ属Chroogomphus rutilus
 イグチの仲間でも管孔が厚い。イグチグループは管孔を剥いて‥と言われるが、アワタケは管孔を剥いたら半分以下になってしまう。だからというわけではないが〜わたしはイグチの管孔は剥かない。【老菌や虫がたくさん入ったものは剥く】傘は柔らかいが、茎は歯切れが良い。ダシはあまり出ないので、多く採れたら塩漬け保存にしておきましょう。夏から秋、雑木林、混生林内や路傍に点々と発生する。傘の径3〜10センチ、丸山形から扁平に開く。表面はオリーブ褐色〜灰褐色で、ビロード状。肉は淡い黄色、管孔は黄色で傷つけると青変性がある。柄は高さ5〜12センチ、太さ1〜2センチで傘面とほぼ同色。木様感、条線をあらわす。料理は和風、中華風、洋風それぞれの煮込みが良くあう!塩漬け保存したものは、味噌汁や大根おろしあえが定番(^_^)v