■アカモミタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ベニタケ科チチタケ属Lactarius laeticolorus (Imai) Imaz.
 まさに名菌!このAグレードアカモミタケの大群生に出くわしたのは福島県いわき市にマツタケ狩りをかねて温泉に出かけたときのこと‥その温泉旅館は後ろに山を背負っていて【マツタケは出ない山だが】雑キノコが発生することはわかっているので、旅館に着くや、さっそく裏山をのぞいてみた。そしたら‥なんと!足の踏み場もないほどのアカモミタケの大群生。ところがこの時カメラがなかったのである(>_<)千載一遇の決定的瞬間をとらえそこなってしまった。以来、アカモミタケ大群生のシャッターチャンスはないままである。夏から秋、針葉樹の『モミやマツ』混じった林内に発生する。傘の径5〜15センチ、はじめ丸山形から扁平に開き、中心は浅くくぼむ。表面は橙色〜橙黄色で濃淡の同心紋があり、湿るとやや粘性がある。ヒダは密で傘より色が濃く、直生状に垂生。柄は高さ3〜10センチ、傘と同色で楕円形濃色のくぼみがあり、朱色の乳液は変色しない。和風、洋風料理とも煮込むことによってこくのある旨みがでる。またホイル焼き、味噌やきは酒の肴によくあいますよ〜