■ツチスギタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
モエギタケ科スギタケ属Pholiota terrestris
 食用とする説と毒とする説もある。この仲間はトゲトゲに覆われ、わかりやすい。倒木や切り株上に発生するものが大半で、これらは安全な食茸。ツチスギタケは名前の通り地上に発生するタイプで容易に区別できる。中毒例をみると量の問題が大事そう5本内で様子見ながら‥注意しながら試食したほうが良いかも(-o-;)春から秋、雑木林、路傍、草地などに群生または点々と発生する。傘の径2〜8センチ、丸山形から扁平に開いて淡い黄色の地に茶褐色のササクレで武装。ヒダは密、淡黄色のち褐色になり、柄に直生か上生。柄は高さ3〜8センチで傘と同色。油いため、バター炒め、天ぷら、フライがあいますよ〜