わ行
■アカモミタケモドキ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ベニタケ科
 ほとんど見た目はアカモミタケであるが、発生する場所はアカハツやハツタケのエリア。しかし緑変性はなく、アカハツではない。強い辛味があり、アカモミタケでもない。夏から秋、松の混じった林内やゴルフ場の松の周辺に点々と発生する。傘の径5〜10センチ、丸山形から扁平に開き、中央はくぼむ漏斗状。表面は橙黄色〜橙赤色、濃淡の同心紋様がある。ヒダは密、傘と同色で柄に垂生。柄は高さ3〜10センチ、太さ1センチ前後で傘と同色。変色性はなく、強い辛味がある。よくゴルフ場でみかけることが多い(?_?)とりあえず整理上、新名称アカモミタケモドキとした。このキノコに関する情報がありましたらご一報ください!