わ行
トンビマイタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
タコウキン科トンビマイタケ属Meripilus giganteus
 ミヤマトンビマイタケと似ているが科が違う【ミヤマトンビマイタケはミヤマトンビマイタケ科ミヤマトンビマイタケ属】私の故郷山形県ではトビタケの名前のほうがポピュラーである。ドヨウマイタケの愛称があるように、キノコシーズンのトップをきるがごとく早めに発生する。特にブナの老木に発生するためブナマイタケともいう。したがって里山でゲットとはいかないかも‥だが昨今は温泉旅行、ドライブとブナにふれる事も少なからずあるのでレパートリーに加えておきましょう(⌒〜⌒)それは収量が多く、美味しいから・山形県にはブナ林をウォーキングするところがあちこちあって、時折トンビマイタケとも出逢うのだが…このような場所は全国各地にもけっこうあるようなのでぜひチャレンジしてみて下さい。夏〜初秋ブナの老木、大木の根もと、切り株に発生。太い根元から無数に分岐して重なって株をつくる。径30〜50センチ、傘は扇形、表面は淡い黄褐色〜茶褐色で繊維質。放射状のしわと濃淡の同心紋を表す。傘うらは白色、のち黒くなる。【管孔は白色でふれると黒変】老箘になるとかたくなるので若い時期が食用。大型株が10個も一ヶ所から採れたりして、運びきれない事もあるくらい_料理は脂肪質が良くあう。鉄板焼、すき焼き、天ぷら、フライ、バター炒め、油炒め。また煮物、けんちん汁、付け焼き、蒸し焼き、さっぱりと酢味噌あえ、辛子あえ、粕あえ。おつな料理は味噌漬け_たくさん採れたら塩漬け保存にして、その都度料理する分を塩ぬきしたのち味噌漬けにして下さい。これぞ山形県の秘伝の酒の肴♪〜θ(^0^ )お試しあれ・
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)