わ行
■ツルタケダマシ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
テングタケ科テングタケ属  Amanita spreta.
 似たキノコを区別する名前をつけるとき‥○○モドキとか、ニセ○○というのがおおいが、それでも足りないくらい類似したタイプが多かったのだろう(@_@)それにしてもツルタケダマシとはユニークな命名ではないか(^O^)まるでキノコ界の詐欺師というべきか?もちろんツルタケには似ているが、タマゴテングタケモドキのほうが似ているので‥タマゴテングタケダマシという命名が良かったのではないか?またはコテングタケダマシとかはどうだろう【コテングタケモドキは存在する】いずれにせよほとんどこのグループは食毒不明。いや!毒の可能性が高い!!私の感ではコテングタケモドキが一番猛毒?かと思っている。『もし無毒だったら感動モノ』そのてん、タマゴテングタケモドキ,そしてこのツルタケダマシはなんかやさしさをかんじる。(⌒?⌒)…しかしテングタケ属は猛毒キノコが目白押しというグループ。十分注意してください!!傘の径は5〜10センチ表面は灰褐色、溝線をあらわす。ヒダはほぼ白色で密【タマゴテングタケモドキはヒダが肉色を帯びる=この色の違いが同定の決め手】茎は6〜10センチほぼ白色で上部にツバ、根元は膨らんで白いツボがある。夏から秋、広葉樹林,雑木林に発生。