わ行
■シロシメジ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
=キシメジ科キシメジ属〓
 その名前のように純白のキノコで、シメジとなればシロシメジといっても過言でない。シロダイコク.シロヌノビキ.〔ダイコク.ヌノビキ〕などなど、地方によって複数の通り名があるのは人気が高い証明でしょう\(☆o☆)/シメジ特有の根元のふくらみ、群生、全身白色とくればまずシロシメジと思ってよい。ハイイロシメジ《その名前のようにハイイロに近い》.シロシメジモドキ《色は肌色に近く、茎はシロシメジより長い=キシメジ科でない》など似たキノコもあるが、いずれも食茸なのでキノコ狩り的には安全なキノコといえる。秋、雑木林や針葉樹林に列生や輪を作って群生。傘の径3〜12センチ、ヒダは密。茎は短めで2〜6センチ、太さは径1〜2センチで根元が膨らむ。全体が白色でほろ苦さがある。【味は個体差があり苦味が気になる場合は茹でこぼして流水にさらす、更に塩蔵処理】きわめて歯切れがよく、香り舌触りも抜群!旨いキノコである。料理は万能タイプだが、和え物.バター炒め.天ぷらなどでいただきましょう(^O^)すき焼き.鍋料理にも大変あいますよ?(o^∀^o)