わ行
■ツブカラカサタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
=ハラタケ科=キヌカラカサタケ属〓
 大群生タイプで身じかなキノコとくれば気になりますね〜しかしながら正体不明??『食べてみたら美味しかった♪』という話もあるのですが、食毒不明種なのです(?_?)夏〜秋、チップ上や積み藁、堆肥.切り株上に群生する。傘の径5〜9センチ、丸山形から扁平に開き、表面は白色で中央部が茶褐色。粒状の鱗片におおわれ、赤変性がある。ヒダは密、白色〜クリーム色で茎に隔生。茎の高さは5〜10センチ、太さ1〜3センチで中空、膜質のツバがあり根元が膨らむ。