わ行
■最近のキノコ情報NO.16(花笠 薫 多野 亮)
 最近のキノコ情報=今年はキノコの話題が多いようですね!ニガクリタケをクリタケに混入したニュース、ニオウシメジがあちこちで発生したとか、クサウラベニタケを売ってしまったとか(◎o◎)たしかに今年のクサウラベニタケはまぎらわしい姿であちこちで群生してます。もちろんコイイロクサウラベニタケのほうで、今年は株状に重なり合って群生しているものが目立つ。先日、あまりに見事な大群生を撮影していると『そのキノコはシメジですか?』と通りかかったおばさんに声をかけられた。『いいえこれは猛毒キノコですよ?』と注意したのだが‥たしかにシメジそっくりなのである。見分け方のポイントである傘うらの肉色も若いものは白色なのだ!これではキノコ狩りのベテランでもシメジと間違えてしまうだろう(>_<)しかし傘うらが白色のものも数時間放置しておくと肉色を帯びてくるので、じっくり同定すべきだ。一方では珍しいキノコも発生している。なんと!ゴルフ場でキタマゴタケ【タマゴタケの亜種とみなされるまれな珍菌】を発見!ハツタケの大群生を見つけて大喜びしてたのだが、それさえもかすんでしまった。(@_@)じつはゴルフ場はキノコが大変期待大なのである(^O^)きれいに手入れされた松や広葉樹ゾーンは、いろいろなキノコが発生するのでゴルフ好きの方は覚えておきましょう!私にとってはこの時期のゴルフはひときわ楽しい♪この日はゴルフのスコアもよく、ハツタケとキタマゴタケをゲットしてまさに〔両手に花〕でありました(*^o^*)そうそう秋雨に誘われたのか、エセオリミキも大群生してますよ?。小型のキノコできゃしゃなキノコだが、味わいは捨てがたい。オリーブオイルで炒めてもよし☆土瓶蒸しもフィット感上々*今年の秋はキノコの当たり年かもしれませんよo(^-^)o
 追伸=《毒キノコ警戒警報》前回のキノコ情報で『ドクツルタケ』などの毒キノコ三羽ガラスは姿を消したようだといいましたが訂正します。なんとドクツルタケが再びあらわれました!というか、西の横綱シロタマゴテングタケが大発生(*_*)しかもテングタケ.コテングタケモドキ【このキノコは限りなくあやしい?猛毒キノコでは‥といわれてきたが、もしかして無毒だったら凄い冤罪となるかもしれません(笑)その風貌からも怪しすぎる三羽ガラスというべきキノコ】なども大群生(◎o◎)これはおそらく記録的猛暑のあと急速に秋めいて、さらに夏日が復活したりしたからでしょうか?テングタケ科.ベニタケ科.ハラタケ科が復活してキノコ達がおお賑わいなのは良いのですが、シロタマゴテングタケとクサウラベニタケが競い合うかのように大群生してるのを見るとさすがにブルブル(^_^;)もの★十分に注意してください!