千葉一夫という歌手にとって、今回のCD売り上げは、まさに念願かなってのことだろうと思われる。昭和55年に、念願かなってデビューしてから、ほとんど30年、地道に歌だけを歌って来て、ようやくオリコンの演歌チャートの2位にランクされたのだから。ちなみに、同じ週のトップは五木ひろしだった。絆酒は、見方によっては、ごく当たり前の「夫婦もの」である。ただこの震災によって、絆という言葉に。新しい意味が付け加わった。多くに人たちが災害に遭遇した。そんな仲で、生きてゆくのに、やはり必要なものは、人とのつながりであることに、多くの人たちが。歌そのものは、当たり前の「夫婦もの」ではあるけれど、歌を聴く人たちにとって、絆という言葉が、まさに時代をあらわす言葉として機能したのに違いない。
千葉一夫は、やや控えめに、しかも安定したボーカルで、歌をまとめている。 
 もともとは、やや地味な歌手である。これまでに25曲のシングルを出しており、昭和15年にだした「雨蛍」は。演歌チャートで6位を獲得し、それなりの知名度は獲得している。
そもそもは、国鉄職員だったが、中学生のころから歌手に憧れ、25歳の頃、生まれ故郷の千葉から上京し、さまざまな職業を経て、昭和55年に念願のデビューを果たす。いわば演歌の苦労人といえる存在である。その苦労人が、ようやく掴んだチャンスが、こんどの作品だったといえよう。
 演歌の世界では、男性歌手は不利である。それは演歌の聞き手が女性上位であり、しかも
カラオケ中心だからである。女性のファンたちは、自分が歌う歌を求め、それ故に女性歌手を求める。その中で、千葉は初めからハンディを背負っている。それでも、そのハンディを
抱えたまま、もう30年近くも千葉は歌い続けてきた。そしてようやくすこし太陽が差しかかったところである。これからの幸運に期待をかけて、歌を歌い続けるしかあるまい。


お久しぶりです

user-pic
0
ブログをかなり長い間休んでしまいました。ようやく機械も少し手を入れて、再開いたします。このところ、我が先輩の八巻明彦さんが亡くなってしまいました。こちらとしては、残念でありますが、これも^世の常なのかもしれません。それにしても、軍歌の研究者としては、たしかに一家をなしたかたでした。そして音楽評論の世界では、小生の師匠であります。しのぶ会ができればいいと思っています。
 ところで、田代美代子のコンサートも相変わらず、2ヶ月に一度のペースで続けております。
もう3年はつづけています。今年はすこしかつての歌謡曲にも挑戦して貰いたいと考えています。二葉あき子さんなどのレパートリーを入れ込んでいきたいと考えています。まだ、緒に就いたばかりですが、ぼちぼちやっていくつもりです。ただ、小生の健康にも多少の不安があります。体を大事にしながら、やっていくつもりです。
 もうひとつ、大日方俊子さんからの話で、福井で、映画音楽の催しをやりたいという話が来ています。まだ、なにも決まってはいませんが、橋をちゃんと聴いて、よければ乗ってみようかとも思っています。その結果はつぎの機会にでも。

一月24日、田代美代子のコンサートを開く。デュークエイセスのベース、槇野さんをゲストに迎え、あんの魅力的な手音を楽しむ。このような顔ぶれがお客さんによろこんでもらえたサーとなら、いいこんサートになるだろう。新しい年にみんなが意気込みを新しくして、より多くの人たちを集めたいと思う。

今年田代は、自身のブログを開き、そこでもお客さんを募集している。乞うご期待。岸洋子の歌も数多く

田代美代子のコンサートは。、新年を迎え、本人もスタッフも,やる気十分です。新しい年は、少し変えようと考えて、新しいファンを獲得しようと考えているところだ。1月は、24日。ゲストは

tas

user-pic
0
本文書き込み実験20091017

テスト

user-pic
0

実験

GORIでの独り言 

user-pic
1

今年2回目の「田代美代子のコンサート」を、5月14日に開催します。会場は同じ文京区のBXホールです。3月のこの回は、大地震の影響で、中止しました。始めてからずっと、隔月に一度というペースで開いてきたのですが、3月はやむを得ず、休止いたしました。今度の大地震は、想像を超える被害状況で、未だに多くの人たちがその中で苦しんでいるのですが、そのなかで敢えて「ポップス・エレガンス」を開くのはやはり、それなりの覚悟を必要とします。それだけに、いいステージを作ろうと思います  

 昨年は、ポップスの原点ともいえる、外国の作品を集めて、カンツォーネ、シャンソン、アメリカン・ポップスなどを歌ってもらってきました。今年は、もう一度日本のニューミュージックなどを歌って行くつもりです。いったいどんな歌が受けるのかは、よくわからないのですが、こちらとしては、精一杯、面白い歌を選んでいくつもりです。なかには、かつての日本のいい歌を選んでいくつもりです。乞うご期待。今月24日、リハーサルです。